スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

シンボくん

2010.10.15 Fri
昔話をしたいと思います

(初めて昔話を読む人は書こうと思った経緯が書いてある記事タイトル「シュンちゃん」からどうぞ)

小学生高学年も終盤にかかる頃俺の人生で最初の荒波
入院生活が始まりました
当時住んでいた場所は新潟県にある上越
俺が患っていた病名は、特発性側湾症(そくわんしょう)という病気で
新潟市内にある大学病院でしか診察、手術ができないらしく
俺を含む妹達、母親の引越しは親父の実家があるこの地で終止符が打たれました

側湾症って言葉自体あんまりメジャー感がないので
説明すると普通真っ直ぐの脊柱・背骨が歪んでしまう病気です
歪みと同時に肋骨が肺なんかの臓器に突き刺さって傷つけてしまったりもするようです
つーか俺も危なかったので肋骨を1本落としました
俺の場合細かく分類すると思春期側湾というもので
10代の女の子に多く発祥するものらしいです

とまぁこの病気の為、月一の診察
小学生高学年~高校3年までろくに通学もせず
計7回の入院・手術を繰り返してました
シンボくんはこの入院中に知り合った5歳年上のお兄さんです
歪みが強くなる度、不定期に入院する俺と違って
シンボくんはいつも同じ病室、同じベットにいました
手術が決まってシンボくんの病室へ行くと
「また来たか」
「シンボくんこそいっつもいるじゃん」
が変な合言葉みたいになってて二人で笑ったのを覚えてます
リハビリ室の変なアスレチックで遊んだり、毎週月曜発売のジャンプを回し読みしたり、夜中ナースの目を盗んで広大な病院を歩いたり、プレステで夢中にゲームしたり
手術の怖さから必死に逃げるようにシンボくんとあそびました

あの頃はもう身体の中がメチャクチャになってて記憶自体も薄ら薄らしか無く
何回目の手術か忘れたけど
いつもの様にシンボくんの病室へ行くと、シンボくんの足が無くなってました
その時初めてシンボくんが癌だと知って転移の為落としたんだと聞き、投薬も始まり副作用でなかなか病室から出れず
あまり顔を会わせないまま俺の手術の日が来ました
あの時の手術が一番痛かった

退院してまた手術が決まり
病院に行くとシンボくんは居ませんでした
顔なじみの看護師に聞くと
「退院したよ」とだけ教えてくれました
その時の手術はもっと痛かった

はい。
以上です。
入院は長いことしてたんで話は結構ありますが
怠惰な感じで過ごしてたんで纏められる自信が正直無いです
あと痛かった記憶が大半なんであんまり忘れそうも無いし
お疲れ様でした
スポンサーサイト


Category:昔話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<紅楼夢報告 | HOME | 紅楼夢6>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://sokonasikamereon.blog15.fc2.com/tb.php/39-ce3a487f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。